沿革

昭和47年3月フジ時計精密株式会社を設立
資本金100万円
昭和47年7月オリエント時計の腕時計組立て工場として組立て操業開始
昭和49年6月資本金300万円に増資
昭和51年10月福島県塙町に新工場を設立操業
昭和54年7月子会社FUJIWATCH CO.PTE.LTDをシンガポールに設立
資本金1,500万円を出資
機械時計の組立て開始
昭和56年1月福島県須賀川市にエフ・ダブリュー・ピーを設立
クロック時計の組立て開始
昭和59年6月資本金600万円に増資
昭和59年10月富士精工株式会社に社名変更
昭和61年3月子会社エフ・ダブリュー・ピーを閉鎖
昭和61年11月木村一夫 代表取締役に就任
平成6年塙工場を閉鎖
平成8年時計修理事業開始[奥久慈時計工房]
平成10年資本金1.000万円に増資
平成20年6月木村政久 代表取締役に就任